NISAは、どんな制度?

「NISA」は、「ニーサ」と読み、2014年1月から始まった新しい制度「小額投資非課税制度」の愛称です。
最近、NISAのTVCMが多くなってきた事や、「NISA」という文字を新聞やマネー雑誌などで目にする機会が多くなり、「NISA(ニーサ)」という言葉を知っている方は多いかもしれません。

非課税とはどういうこと?

NISA口座での最大500万 円分の投資にかかる税金が非課税になります。

株式投資や投資信託の売買で得た「売却益」や、株式投資の「配当金」、投資信託の「分配金」には税金が20%発生します。※復興特別所得税が0.315%を除く

これまでの通常口座(特定口座/一般口座)では売却益(売買で得た利益)に税金がかかりますが、2014年より始まった「NISA口座を開設」し「NISA口座で売買」をして得た売却益に関しては、非課税の対象となり税金が発生しません。

NISAにもいろんな種類があります

ジュニアNISA(ニーサ)

ジュニアNISA(ニーサ)は、平成 28 年1月から口座開設の受付が開始される未成年者少額投資非課税制度の愛称です。
ただし、上場株式等の購入については、平成 28 年4月1日からとなります。
証券会社や銀行、郵便局などの金融機関で、ジュニアNISA口座を開設して上場株式・ETF・REIT・株式投資信託(公募のものに限ります。以下同じです。)等(注1)を購入すると、本来 20.315%の税率で課税される配当金や売買益等が、非課税となる制度です。
年間投資上限金額は 80 万円で、非課税期間は最長5年間です。

制度を利用できる人について

制度を利用するためには日本国内に住んでいなければなりません。自分の孫であっても米国在住や日本国民でない場合にはこの制度は適用出来ません。また、制度の開始時点で20歳未満の若者で、且つ日本に在住している子供のみに限定されます。2016年にジュニアNISAが開始予定であるため、現在20歳未満でも、開始時に20歳を超えている場合は利用することができません。

引き出しのタイミングについて

引き出しのタイミングは子供が18歳を超えた後にしか行えません。その理由は、この制度が親や祖父母の資産形成ではなく、子供の進学や就職等に係る資金を準備するために設立されたものであるためです。

非課税枠の利用

非課税枠は80万円です。この金額を超えて投資して利益を得た場合には一律20%の課税がなされます。非課税枠が80万円とは年間の投資金額総計が80万円という意味です。

例えば、50万円を株に投資した後に全て売却したとしても、その年の残りの非課税枠は80-50=30万円になります。売却してジュニアNISA口座に投資金額が0円であったとしても、事前に投資していた金額が年間の上限金額から差し引かれるので注意をしましょう。

お問い合わせ


セミナー情報

2018年11月
    
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
2018年12月
      
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     

資産運用考えませんか?